上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

写真を撮る上でデータの管理は非常に大事だなと感じるのですが僕もデータをいくつかに分けて保存しています
でも写真のプリントはあまりしてなかったなあと思って今回3枚ほどプリントしてみました




20150418-141.jpg


3枚とも今年撮影した写真ですがジムグリ以外はブログにまだ載せていませんでしたね
他の二枚はムササビとニホンカモシカです

プリントして自分の写真を見る事は今までなかったので新鮮ですね
これからも撮った写真はこまめにプリントしたいと思います



しかし来月はサンショウウオ探しで忙しくなりそう
しかも下旬頃には沖縄遠征も控えている
スポンサーサイト
  1. 未分類
  2. / comment:2
  3. [ edit ]

少し前から僕のよく行く山の中を流れる沢ではタゴガエル達が産卵のため集まっています
もうだいぶ落ち着きましたが最盛期には沢中からタゴガエル達の声が聞こえて大変賑やかでした

僕にとってはこの時期の風物詩で最近は欠かさず見に来ています
それに後もう少ししたらサンショウウオの産卵も始まるので春~初夏の渓流は目が離せません
もっともサンショウウオはもっと見つけるのが大変ですが・・・。



ほとんどが石の下に隠れて鳴いているので姿は見えないのですが何匹かは姿が見えます



20150414-032.jpg

タゴガエル Rana tagoi


繁殖期になると水中で長時間雌を待つ雄は水中での皮膚呼吸を助ける為に皮膚がブヨブヨになります
関東の方に居るナガレタゴガエルはもっとぶよぶよになるらしくこちらも見てみたいなあと思います



20150411-009.jpg


水中で雌を待つ雄、警戒心が強く満足な写真が撮れなかった



051.jpg


沢から離れた所にも少数姿が見られた



044.jpg



色々な角度から撮影してみる



055.jpg

サワガニ Geothelphusa dehaani


沢にはサワガニも居ます

沢などがあればよく見かけるありふれた生き物ですが日本的で美しく個人的に大好きな生き物です





20150414-064.jpg

ユキモチソウ Arisaema sikokianum



下山中ユキモチソウを見つけました
ユキモチソウはテンナンショウの仲間の植物で高知県では良く見かける植物で個人的には最も目にするテンナンショウです
でも全国的には珍しい植物で環境省レッドリストでも絶滅危惧種に指定されています


20150414-062.jpg


ユキモチソウの名に似合った美しい花
初めてこの植物に出会った時あまりにも奇妙な姿をしていたので感動したのを覚えています


20150414-065.jpg


久しぶりに植物を真剣に探してみるのもありかもしれない
  1. フィールド
  2. / comment:6
  3. [ edit ]

20150418-142.jpg




今日は本の紹介をしようと思います
その名も「西表フィールド図鑑」これはその改訂新版です

著者はイリオモテヤマネコの写真で知られる動物写真家の横塚眞己人さんです


この図鑑前半は西表島の自然の構成や成り立ち観察のポイントについて書かれており後半は西表島で見られる生物の図鑑になっています
図鑑の部分は哺乳類、鳥類、爬虫類、両生類、甲殻類、昆虫類、クモ類、多足類、貝類、植物と分けられています

西表島に行きたくてしょうがない僕には必見の本で観察のポイントが書かれている所を見てはワクワクしたり図鑑の部分を見てこの生き物をこんな風に撮影したいなあと妄想をふくらましたりしています
もし西表島に行く時が来たらこの本も持って行きたいです!!

ちなみに西表島で見てみたい生き物はイワサキセダカヘビとオオクロケブカジョウゴグモです
まあ哺乳類も撮る僕としてはイリオモテヤマネコも見てみたいですけどね・・・。

この本の中にもイリオモテヤマネコの写真が沢山出てきますが凄いですね!!
見る事さえ難しいヤマネコを撮るには途方もない苦労があった事でしょう

この本はそんな著者の西表島での生活の集大成ともいえる1冊なのです

  1. 書籍
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

20150317-098.jpg



森の中ではよく鳥用の巣箱を見かけます
この巣箱は木が朽ちたのか完全に崩壊しています

ここの森にはこういった巣箱も多いです




20150317-099.jpg





崩落した巣箱とその中身・・・。
巣箱の中身はどうやら巣材の様ですね。

どうやら巣箱崩落以前は住民が入ってた様です



20150317-100.jpg



巣材は木の皮の様です
普段こうして動物の巣穴を覗く機会は無いので新鮮ですね

巣箱を以前使っていた動物はなにでしょう・・・。



20150317-101.jpg



巣箱の出入り口にこの巣箱を使っていた動物の物と思われる歯形があります
歯形の形状からリスの仲間だと思います

この森で今までに目撃したリスの仲間はニホンリス、ムササビの2種です
どちらもここでは良く見かける動物で特にムササビは夜間なら必ずと言って良いほど姿を目撃します


巣箱の元住民はリスかムササビの可能性が高そうですがムササビかなあって思いました
ムササビは巣穴の出入り口を自分の体が通りやすい大きさに齧って広げることがあるので・・・。

リスもやるのかもしれませんがこの巣箱の出入り口はリスには十分な大きさですからね



今回は初の生き物が登場しないフィールドネタでしたが素人なりに色々推理してみました
何か面白そうな物を見つけたら写真に撮っておくべきですね

ブログネタにもなりますし


それにしても今回も名前だけ登場したムササビの撮影に今手こずっています
実は今年も姿だけは撮影しているのですがつまらない理由で失敗写真に・・・。

まあ気が向けば証拠写真として紹介するかもしれません








  1. フィールド
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

Author:DP

ブー 一様数いる生き物屋の一人 フィールドでの活動を重視していますが飼育等も少しやっています 一番の興味の対象は魚ですが今は訳あって魚をお休みしています

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスカウンター

« 2015 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。